SIVができた歴史的な背景とその運用収益の上げ方

SIVとは、ストラクチャード・インベストメント・ビークルと呼ばれており、長期金利と短期金利の差を利用して利益を稼ぐ資産運用会社を指します。ここでは、短期資金を調達するため、常に借り換えが必要になります。

SIVは、もともと欧米の大手金融機関やヘッジファンドなどが投資を目的にしたSPCと呼ばれる特別目的会社を作って、運営させるケースが多くなっています。これは、積極的にハイリスクハイリターンの証券化商品を利用して運用するための会社です。こうすることで、本業とは別の会社なため、規制の問題と連結決済の対象外として報告できるメリットがあります。

その代表的なものとしては1988年にシティバンクグループが設立した、投資専門のSIVがあります。この運用の仕組みは、株式、ミディアムタームノート、資産担保コマーシャルペーパーなどの短期資金を集めて、それを不動産融資担保証券や債務担保証券、劣後債などの高利回りの長期証券化商品で運用して収益を上げます。

そのため、証券化商品でアクティブ運用をするヘッジファンドに近い属性があるといえます。つまり、金利が低い短期資金を調達して、高金利の長期金融商品に投資するという特徴がありました。

しかし、2008年の世界的な金融危機の影響を受けて、多くのこういった運用をしていた会社は短期市場から資金調達ができなくなりました。そのため借り換えができないことと、証券化商品の崩壊から危機に陥りました。同様に、投資家にも大きな損害が出たことは言うまでもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ