SWIFTの正式名称と世界的な役割や利用される理由

SWIFTとは、正式には国際銀行間金融通信協会と言われています。これは世界各国にある金融機関のために、安全に金融通信メッセージやサービスを提供するための標準化団体を呼びます。この組織は、1973年にベルギー王国のブリュッセルで、共同組合形式での団体で設立されました。

そのため、組織構成としては、南北アメリカ地域、アジア・パシフィック地域、欧州・中東・アフリカ地域と、グローバルに展開されています。ちなみに、日本はアジア・パシフィック地域に属しています。そして、スイフト・ジャパンをオフィスとして、国内銀行や証券会社を中心にさまざまなサービスが提供しています。

具体的には、資金付替、顧客送金、外国為替、証券取引、デリバティブといった金融商品に関して、安全で確実にグローバル規模でメッセージやサービスを提供しています。常に稼働しているのは世界200地域を超えて、また金融機関などのユーザー数は9000を超えています。

そのグローバルなネットワークは金融システムとしての性格を帯びています。そのため、1998年からはベルギー国立銀行が監督機関となって、G10諸国の中央銀行と協力して不正がないように、SWIFTを常時、監視、評価しています。

実際にこれを送金するために利用する場合には、この協会から提供される特定のコードを入力する必要があります。これは、国際送金においては、特定の相手方銀行の所在地や企業名、口座を特定できる役割があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ