SWIFTコードが海外送金時に必要とされる理由とその調べ方

SWIFTコードは、場合によってはBICコードとも呼ばれています。これは、主に国際銀行間金融通信協会が提供する、国際送金システム上で利用されます。ここでは、相手方の銀行を特定するために利用されている金融機関識別コードISO 9362を呼びます。

これは、ISOで承認された金融機関を識別するためのコードを標準書式化しています。そのため、世界各地の銀行を特定する目的で利用されており、世界各国の国際送金では積極的にこれが利用されています。これがないままに送金されると、相手先の支店が間違われたり、入金が何日も止まるようなことも起こる可能性があります。

また、金融機関によっては、これがないと送金先を探すための時間や労力、手間がかかるため追加料金を徴収するところもあります。
また、個人でこれを調べる場合には、SWIFTのウェブサイトの中の「BIC search」を利用すると簡単に調べることができます。

また、銀行の海外送金窓口に申し出れば、教えてもらうこともできます。実際に国際送金する場合には、送り手は受取人が保有する口座の銀行固有コードを入力することで、通常詳細な手入力が必要な相手方の銀行名、支店名、所在地などを省略することができます。

誤入力や手間が省けるだけではなく、より確実に、よりスピーディに送金処理を行えます。尚、同様の役割を果たすものが、欧米の金融機関で利用されていることがあります。有名なものとしては、米国内の銀行が個別に保有する番号としてのABAコードがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ