T+3が取引注文から成立するまでの決済日としての表示する意味

証券会社に売買注文を出して、マーケットで売買が成立することを「約定する」と言います。この成立日を約定日と呼びます。そして売買注文が約定すると、そこから起算して約定日を含めた4営業日目が決済日となります。ここでは約定代金と株券の受け渡しが発生します。

有価証券の取引ではTが取引日を表し、+3とは3日後を示すことから、T+3は、有価証券の売買が成立した約定日の3日後が決済日であることを意味します。
一般的に、日本や欧米では、約定日の3日後に決済するT+3が主流となっています。

これに対して外国為替ではT+2、米国債ではT+1とそれぞれの国の事情や原資産の性質によって決済日が決まっています。ちなみに、このような原資産を総称して現物と呼んでいます。そのため、金融商品によっては購入日によって決済日が異なるため注意が必要となります。

株の売買取引を行う場合には、店舗を構えている証券会社に行くか、ネット証券を利用することができます。どちらも、まずは既定の申し込み用紙に記入し、口座を開いて入金してから注文することができます。ここで注意すべきは、取引にかかる委託手数料が大きく異なる点です。

さらに店舗を構えている証券会社では、電話で株式状況や売り買い推奨銘柄などについて相談することができますし、発注する場合も電話1本で行うことができます。しかし、ネット証券の場合には、送られてくる資料や市況から自分でネットから注文することになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ