悪徳商法と呼ばれるさまざまな商売事例について

悪質な業者が、不当な利益を得るために社会通念上モラルに反するような問題のある商売を行うことを、悪徳商法と言います。一般的にはマルチ商法と呼ばれる販売方法が、その代表的なものになります。被害者は消費者になりますが、時には中小零細企業や個人事業者のこともあります。

また、警察では問題商法や悪質商法と呼んでいることがあります。近年では20歳の成人のような若者を狙ったものが多発しているようです。これは、社会的な経験や知識が少ないだけではなく、法律的には成人しているため契約上に問題が無いという点を狙ったケースになります。

この商法には契約の履行や解約、個人情報の取り扱い、商品やサービス内容、勧誘や広告、契約方法などにおいて犯罪になりうる可能性があるという問題があります。
また、場合によっては勧誘やその後の経過によって悪徳商法になるようなものもあります。被害に遭わない為には、消費者は正しい情報や知識を知っておく必要があります。

具体例としては、古くからある手口としてネズミ講があります。これは1970年代から社会問題となりました。1978年に「無限連鎖講の防止に関する法律」が成立してから全面的に禁止されました。

また、マルチ商法は、マルチ・レベル・マーケティングシステムと呼ばれるもので、販売組織の加入者が他の勧誘者をピラミッド式に増やして浄水器や健康食品、化粧品等を販売していくようなものがアメリカでは盛んになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ