預り金が表す企業会計上の意味とその区別方法

預り金とは、役員や従業員、取引先などから一時的に預かった金銭を管理するための企業会計の中の勘定科目ことを言います。具体的にその対象として処理するものは、従業員から給与支払いに時に天引きした社会保険料や、源泉所得税と特別徴収の住民税、財形貯蓄などがあります。

また、取引先から預かった営業保証金や入札保証金、役員や従業員の社内預金などがあり、通常これらは現金として保管されることもありますが、一般的には当座預金に預金として保管されることが多くなります。

実際、預り金として処理される金銭は、返却や納付するまで期間が空くことが多いため、企業によっては運転資金として流用されることもあります。
しかし、これは金銭を一時的に預かっているため、金銭借り入れ時に使用する借入金とは区別しておく必要があります。

さらに、細かく区別する場合には、税金、社会保険料、保証金、従業員用というように小さく分類して勘定科目に使用することもあります。ちなみに、貸借対照表では流動負債として計上されます。たとえば、企業は従業員の給与から1年間の給与額を想定して、毎月所得税額を差し引いています。

これがいわゆる源泉徴収になります。企業は源泉徴収した所得税を従業員に代わって税務署に納めます。簿記の仕訳では、この勘定科目は負債になります。ただし、預かったときには貸方へ記入して、支払った時は借方へと2つのタイミングで仕訳が行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ