アセット・バック・セキュリティが開発された背景と世界的な利用度

アセット・バック・セキュリティは、資産担保証券とも呼ばれています。これは資産の信用力と、そこから出るキャッシュフローを担保として発行される有価証券になります。

もともとは、アメリカで貸付債権の流動化や、オフバランス化のために開発された金融商品のことを指します。ここでは、キャッシュフローを生み出すものであれば何でも担保にすることができるため、ローンやリース債権、売掛債権、クレジットカード債権などいろいろなものが、商業用不動産資産を担保として発行されています。

日本では、1998年に金融商品取引法上で、信用リスク分散と企業を円滑化するために、正式な有価証券として承認されました。この法律により、企業は所有する債権や不動産の信用力だけではなく、そこから出るキャッシュフローを担保に社債やCPを発行して、安いコストで資金調達ができるようになりました。

これが発行される仕組みとしては、企業は保有する特定資産を証券化商品を発行するために設立したSPCに売却します。これがオフバランス化です。ただし、ここで発行される証券化証券は、その資産から出るキャッシュフローが償還の財源となります。

つまり、担保となる資産が優良であれば、所有者である企業の信用力とは関係なく、低コストの資金調達ができるというメリットがあります。企業にとってはオフバランス化が可能となり、投資家にとっては、企業よりも資産の信用力に対して投資できるメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ