アセット・ライアビリティ・マネジメントの意味とその手法

アセット・ライアビリティ・マネジメントは、資産と負債を意味しますが、銀行や保険会社といった金融機関ではリスク管理手法としてALMと略されます。ただし、これを実施するためには、金融工学的な分析力と手法が不可欠となるため、専門知識を持つ人材が少ないという課題があります。

さらに旧態依然とした金融機関では、実施するための上級管理職者の理解が得られないという実情があります。また、これをより発展させることで、金融機関が抱える様々なリスク管理を統合的に行うことができる統合リスク管理という手法も注目を浴びています。

たとえば生命保険会社の場合、保険契約のポートフォリオは、何十年にわたる保険金を支払う契約になるため負債となります。また、その負債は長期金利によって影響を受けますので、価値変動は直接的に保険会社の純資産に影響して、経営を脅かすこともあります。

これは、過去にバブル崩壊後に長期金利が大幅に低下したため、負債が増大してリスクが顕在化したということがありました。ALMの手法としては、資産のポジションを負債に合わせて長期化させることで、その価値変動を一致させることで純資産の変動を抑えて経営を安定化させることができます。

しかし実際には、生命保険会社の負債キャッシュアウトフローは不確定であるため、資産ポジションと価値変動を一致させることは難しいと言われています。これは保険の負債は前提条件から算出されるため、その前提条件の違いによっては価値や金利に対して感応度が変わってくるという現象が起こります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ