粗利益が会計上で意味するものと具体的な計算方法

粗利益とは、ある会計期間における売上高と売上原価の差額です。これは、商品や製品を販売した儲けを意味します。また、売上高から売上原価を引くことで算出することができ、例えば、商品を500円で仕入れて1000円で販売すると、500円になります。ただし、売上原価は売上高の内訳によっては異なることもあるのです。

また、商品になる場合には、売上原価は他社からそれらを仕入れるため、仕入れ原価となります。そのため、売上高から仕入原価を引かなければなりません。また、製品の場合には自社の製造原価となるため、売上高からこれをマイナスします。

さらに、これを売上高で割ったものを、粗利益率といい、これが低い商品は、大量販売をしないと商売として成り立ちません。一方、これが高い商品では、少量販売でも採算がとれることになります。このように、販売方法に大きな影響を与える数値なのです。

これまでの経営では、売上高重視の経営手法が主流でしたが、最近では利益重視の経営に比重が移ってきました。そこで、この指針となる利益を確保することが、ビジネスにとっては大きなポイントになるのです。

一般的に専門店は、付加価値を提供するため利益率が高く、スーパー・マーケットやディスカウンターのようなところは、これが低い傾向です。ただし、ここには販売に伴う人件費や広告宣伝費などが含まれていることもあるので、注意してください。販売費や一般管理費として引いたものを営業利益と呼びます。これは、本業による利益を意味します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ