シンジケート団でのアレンジャーの役割とは

企業の資金調達ニーズに対してその金額が大きい場合、複数の金融機関が協調して団体を結成する事があり、この場合一つの融資契約書に基づいて同一条件で融資を行うこととなります。これをシンジケートローンと呼び、組成する場合には、複数の金融機関で組成をします。これらを取りまとめるのがアレンジャーです。

社債の発行やシンジケートローンの組成に際して、主幹事となる金融機関をいいます。
業務を行う場合には、まず、企業などの借入人から指名されることで、案件の組成委託を請け負います。

これが終了すると、契約条件の検討、シンジケート団を構成する、リスク分散するための貸付人となる金融機関の募集や組成、契約締結手続きまで案件を一貫して取りまとめていかなければなりません。案件組成の成否や、今後の舵取りに大きく関わってくるものです。

通常、契約締結後には金融機関がエージェントに就任して、エージェントはシンジケート団の代理人となるのが一般的です。なお、契約期間中には、借入人である企業と貸付人である金融機関との通知取次や、元利金の受け払いなど、資金決済に関する事務的なサポートも取りまとめて行います。

ただし、貸付け実施後に借入人である企業が破産法や、会社更生法などによる破産手続きや、更生手続きを開始した場合には、どのように債権の回収を行うのかなど問題が発生します。そのため、契約交渉中には、主幹事金融機関は借入人の財務状態を偽ったり秘匿することなく、正確に情報提供を行う義務が生じるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ