暗証番号の意味とそれが利用される目的と事例

暗証番号とは、個人識別の番号としてそのユーザーとシステムを共有する、秘密の番号パスワードです。これは、システム内でユーザーを認証する目的で使用されるため、個人認証番号とも呼ばれています。一般的には、ユーザーがシステムにログインする場合に、ユーザー情報としてIDとパスワードの入力が要求されます。

重要度にもよりますが、これが利用される代表的なものに銀行口座やクレジットカードなどがあり、4桁のPINが最も多く使用されているのです。これらはATM利用時だけではなく、デビットカードとクレジットカードまで利用が広がっています。

これを入力する場合には、個人だけが知る秘密のPINを入力しなければなりません。具体的に述べると、システムなどへのエントリーの際には、ユーザーIDとPINと呼ばれる暗証番号を入力する必要があるのです。そこで、入力した番号とシステム内に格納されている番号が一致した場合にのみ、アクセスが許可される仕組みとなっています。

従来は、クレジットカード利用時に署名するのが当たり前の方法でした。しかし近年では、PINを入力する方法に変わりつつあります。また、イギリスとアイルランドではEMVというICカードの規格とともにPINが導入されたこともあり、「Chip and PIN」と呼ばれています。

これは、ATMの発明者であるジョン・シェパード=バロンによって考案されたものです。これは、顧客の銀行口座から現金を引き出す効率的な認証方法として、6桁の番号が適性とされたからです。しかし、実際には確実に覚えていられる桁数ではないという妻の助言により、最もよく使われる4桁数になりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ