意見価格とは不動産鑑定が決める不動産価格のこと

意見価格とは不動産価格を決定するさい、不動産鑑定士など民間で土地や建物に精通した人が、査定した鑑定評価額のことを言います。ただし、この方法には、原価法、収益還元法、取引事例比較法など複数の査定方法があり、ここで算出されたものは、不動産相続や企業が投資を行う際に利用されています。

そのため、提出された鑑定評価書は、不動産鑑定評価基準という国の一定ルールに従った正式文書として効力があり、そして、この評価基準に記載された手順に従って、適用すべき方法を使用して適正価格が算出されます。

これは、不動産鑑定士が、その鑑定評価基準に従って、土地や建物等の所有権、あるいは所有権以外の権利の経済的な価値を算出したものでもあります。

特に土地や建物は地域性や立地などからその個別性が強く、取引も限定しているため、市場価格が成立しにくいという特性があるので、その取引を行うためには、客観的な適正価値を判断する必要が出てくるのです。

そこで民間で土地や建物に精通した専門家が必要となってくるのです。一般的に、不動産鑑定士は国家資格として登録制度をとっています。

そのため、不動産鑑定評価制度は、その適正価格を形成することを目的とした制度として機能しているため、登録を受けていない者が鑑定を行うことは原則禁止です。こういった理由から意見価格であるその鑑定評価額は、専門である立場の者によって、客観的に評価された価格として、社会的な信用があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ