一部増額返済を利用してローンの残高を減らす

ローンの返済期間中に、契約時に取り決めていた返済額以上の金額を返すことで、ローン全体の残高を減らすことを一部増額返済と呼びます。

これは、月々の中で、契約時に定められた一定の返済金を一時的に増やすことを指し、増額返済が可能なクレジットカードや融資のキャッシングで利用されるだけではなく、住宅ローンなどでも一部繰上返済として利用されています。

また、ローンを一括返済できる程ではないが、たまたま臨時収入があった場合などに利用することが可能です。1度でもこれを利用しておけば、完済が早まるというだけではなく、利用日数が減るため金利が得になリます。

さらにこれを行うことによって、ローンの借入残高が減るだけではなく、支払利息を節約できるなどのメリットがあり、債務者の懐具合や、その自由意思によって増加分だけを返すこともでき、例えば、毎月の返済額が2万円の場合には、収入の多い月に3万円、4万円と多く払うことで、通常の期間よりも早く完済することが可能になり、またその残高も減っていくため、それにかかる利息を少なくするメリットがあります。

しかし一方では、ローン期間中にこれを全く行わずに完済に至る人もいれば、1度だけ行うという人もいます。また、何度も行う人もいますが、何度実施しても行為としては、一部増額返済となります。これは何度も行うことで、得になるというものではなく、できれば早い段階で行った方が得になるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ