売掛債権による資金調達としての一括支払システムの手法

企業の売掛債権による資金調達手段の一つとして、一括支払システムがあります。このシステムは、手形の代替となるファイナンス手法です。例えば、大企業に部品などを納入した中小企業が、支払先である大企業に向けた売掛債権として、銀行から資金を借り入れることができます。

そして、このサービスを提供する金融機関に支払う手数料は、取引先である大手企業が支払う仕組みです。
実際、この仕入先である中小企業は、大企業向けの売掛債権を元受銀行に譲渡することで、当座貸越による借入を受けます。

また、ここでは自社と取引のある地域金融機関が元受銀行と提携していれば、その譲渡と資金の借入を依頼することができます。しかし現実には、仕入先中小企業は取引のある地域金融機関ではなく、元受大手銀行に売掛債権を譲渡して資金調達していることが多いです。これは、元受銀行と提携しているところが少ないという問題があります。

これは、支払大企業にとっては、提携金融機関の数が少ない方が合理化するメリットが出るようになっているのです。
しかし、近年では電子記録債権が導入されるようになり、どの金融機関でも自由に大手支払企業の債務データにアクセスが可能です。

元受銀行などの提携金融機関だけが売掛債権を買い取り資金を貸し出すのではなく、中小企業の地域取引金融機関も行えるようになるでしょう。そのため、電子記録債権は一括支払システムによって、大手銀行に奪われた顧客を取り戻すことができると期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ