金融機関で一括手形が利用されるようになった利点

一般的に、手形を振り出す企業は、複数の仕入先に対して買掛金を債務として支払わなければなりません。その支払方法のうち、一括支払システムの中で利用できるものとして、一括手形があります。具体的には、その支払う総額をその額面額として、一括して振り出すためにそう呼ばれています。

近年では、銀行がファクタリングサービスとして支払企業の手形支払を廃止し、納入企業の売掛債権に対して決済事務の合理化を提供しています。
そのフローとしては、債権総額を一枚の手形として銀行を受取人とした名義で振り出します。

その後、銀行は多数の債権者の代理として企業から支払を受けて、それぞれの債権者の口座に代金を振り込むという利用形態です。これが利用されるようになった背景には、手形を振り出す支払企業の業務の効率化があります。また、企業の多くは支払手形を発行する手続きの合理化や、分割振出を不要にする動きを加速させています。

また、これは下請法に対応するためだけではなく、印紙代や事務手数料などを削減できるメリットがあるからです。また、手形を受け取る債権者側としては、それを取り立てて集金する手間を省くことが可能になる他、、領収書に必要な収入印紙代金を削減できることが挙げられます。

また、受け取り後の管理に神経を使う必要もありません。さらに、取引銀行を自由に指定できることや、残高照会や新たな資金化の申し込みもできるなど多数の利点があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ