一括返済を利用するメリットとデメリットとは

ショッピングや分割払いを利用して長期的に支払いをする場合に、その残高をまとめて支払うこと一括返済と言います。例えば、ローンを一気に返済する場合には、残金をそのまま返せばよいものではなく、残金の他に手数料が発生するため、元金や金利なども含めた一括返済額を計算して残金を支払わなければなりません。

具体的には、元金、金利、借入日数を掛けて365日で割ったものが利息です。これに元金と手数料をプラスしたのがその金額となります。
このメリットとしては、返済金の利息を支払う必要がないため、最終的な総支払額を少なくすることができます。

しかし、会社によっては手数料が高額になるため、かえってこのまま分割で支払い続ける方が得になることもあるようです。そのため、ローンを払っている最中では、まとめて返済することが必ずしも家計にとって良いということもありません。まとめる場合には、必ず借りている会社に連絡して見積もりを立てるとよいでしょう。

また、ローンを組んでいる場合には、まとめて返済した方が得になります。ローンは便利なシステムですが、100万円のものを購入してローンを組むと、総額支払いは実際には100万円を超えてしまうのが一般的だからです。

そこには、分割で支払うことで、借入手数料を支払う必要が出てきます。そこで、繰り上げ返済として完済ではなく一部を返済するようにすると、その期間を短縮できるだけではなく、金利も少しだけかかる程度になるため、総額を減らせるメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ