複数の支払いを一本化するための基準とその返済メリット

一本化とは、複数あるカードローンやキャッシングの借入金といった複数の支払いを、一つのローン契約としてまとめて返済を一本にすることです。ただし、誰もができるわけではなく、これを利用できるのは安定した職業や収入といった社会的な安定したステイタスがある人が対象となります。

これは、あくまでもローンを確実に返済できるかどうかが基準となるため、審査はかなり厳しいようです。しかし、一本化することで返済がスムーズになる人ばかりではなく、一方で逆効果になる人もいます。そのため、支払いを一つにまとめることを検討する場合には、返済が有利になるかどうかをしっかりと事前に判断する必要があります。

また、せっかくローンをまとめたとしても、その負担が軽くなったために新規にお金を借りてしまうような人には、あまり向いていません。
一般的に、ローンを一つにまとめることで毎月の返済管理が簡単になる他、現状よりも安い金利で返済できるようになります。

そのため、毎月の支払うべき利子を減らして、ローン完済を調整するための手段になるのです。つまり、月々の返済額の負担を軽くできるメリットがあります。ただし、総額が減るわけではないため、完済するまでは新たな借金や消費を抑えなければなりません。

また、デメリットとしては、それほど金利が安くならないこともあります。実際、クレジットカード会社や消費者金融などから銀行ローンに変えれば、金利は下がります。しかし、金利があまり変わらないケースも結構あるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ