イニシャル・コストの概念とランニングコストとの違い

イニシャル・コストとは、機器や設備などを導入する際にかかる初期費用のことです。一般的には、設置費用や導入費用と呼ばれることもありますが、設置や導入後にかかる費用は一切含まれません。

そのため、投資として考える場合には、初期投資としてかかるイニシャル・コストは固定費としてみなされますが、その対義語であるランニングコストは、投資全体を考える上では、変動費として扱われます。

具体的には、投資において初期投資にかかる費用としては、不動産投資があります。これは、不動産を取得する際の出費として換算されて、損益分岐点では固定費となります。そして、その後の建物等の管理費がランニングコストです。

例えば、200万円の固定費に対して、月額10万円のランニングコストがかかる投資がある場合には、月々の収益が15万円の場合、ランニングコストから見た利益は月額5万円です。そのため、固定費である200万円をペイするためには40カ月が必要です。そして、その以降は、ようやく利益が出てくる計算となるのです。

また、マイホーム購入を考える場合には、初期費用としては物件購入代金だけではなく、ローン保証料や登記費用、火災保険といった諸経費、印紙税、登録免許税、消費税などの税金までが含まれます。

そして、管理費や修繕積立金、駐車場代などはランニングコストとなります。さらに、維持や修繕費、光熱費などもその建築方法によっては、後から金額が変わることもあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ