内金とは最終支払い金の他に途中で支払お金のことを指す

商品やサービスを購入する場合に、その売買代金や請負報酬などの一部を前払いする金銭として内金、内入れ金がありますが、これは、不動産業界では、取引する不動産に付いている抵当権を、売主に抹消してもらう場合や、売主に契約履行の準備を促すために買主が協力する意味合いで支払う場合となります。

一般的には、これが支払われた段階で、履行を着手するとみなされることがあり、また引き渡しまでに支払う中間金などもこれに当たります。

例えば、住宅購入などの不動産売買契約をする際には、手付金や内入れ金を支払う事がありますが、手付金とともに先に支払うという点で非常に似ていますが実際には性質が異なるのです。

また、内金は中間金とも呼ばれており、手付金支払後や残金支払いまでの中間に支払われるもので、代金の一部に当たります。そのため、これは売買代金の一部とみなされるため、放棄や倍返しになどの解約金を支払うことで、契約を解約できるという法的効力はありません。

一方、手付金は買契約時に支払われる金銭となりますが、契約成立を証明するための証約手付の意味合いを持っています。

例えば、買主が手付金を放棄し、売主がそれを倍返しすることによって、契約を解除できるような場合に利用でき、さらには買主または売主が違反した場合には支払われることから、手付金は、解約手付けとしても解釈されることがあります。手付金を放棄することで買主は契約解除をすることが可能となり、また売り主は手付け金の倍額を買主に帰すことで解約が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ