売掛金の概念とこれを帳簿上で記載する際の注意点

売掛金とは、帳簿上の売上金の未集金のことです。これは、通常1カ月毎に請求されて、それに対して相手先が支払いをする仕組みとなっているため、これを管理する台帳として得意先元帳があります。未収金の発生やその回収、残高が記入されて、相手先毎に管理できるように帳簿をつけていくものです。

一般的に帳簿をつける場合は、商品やサービスの提供日時が取引実施日となりますが、代金の支払いに関しては同じ日に行われるとは限りません。商売上は、商品やサービスを提供したものの、その対価をまだ受け取っていない未収金分は、帳簿に記入されます。

実際、総勘定元帳への記入は合計金額のみ表示されることになるため、その詳細を確認するためには得意先元帳が必要となります。

帳簿上で未収金売上金を管理することは、商売を行う場合には非常に重要な業務の一つです。この管理を疎かにしてしまうと、万が一取引先とのトラブルや、自社のミスがあれば信用を失墜してしまうことにもなりかねません。そのため、得意先や仕入先の件数が多い商売の場合には、常に細心の注意を持って管理することが重要なのです。

また、これを回収して管理する場合には、得意先ごとの売掛金管理台帳を作成することや、この台帳をもとに状況を得意先ごとに正確に把握する必要があります。また、請求書は漏れなく確実に発行して、必ず取り決めどおり集金を行い、取引先の与信限度内で取引を行うようにすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ