運転資金が企業活動で必要な理由とそれがれ利用される場

運転資金とは、ビジネスを行う上での商品の仕入や経費の支払い、買掛金、支払手形の決済など通常の業務で必要となる資金を言います。これは、企業が事業を継続していくために必要なお金です。そのため、この概念としては、仕入から販売代金回収までのワンクールのサイクルとして必要とされるお金を意味しています。

また、季節性のものに支払うために必要となるお金を季節資金、業容拡大のために必要となるお金を増加運転資金と呼んでいて、現金以外の流動資産から、有利子負債以外の流動負債を引いたものが金額となります。

一般的に、流動資産の総額を指す場合と、流動資産から流動負債を差し引いた金額を指す場合とがあります。しかし、運転資金が回らなくなると、企業活動の血流の止まった人間と同じように、会社は倒産してしまいます。

この資金の増減は、企業の利益とは関係ないため、場合によっては黒字なのに倒産という現象が起こりますが、この現象はバブル崩壊後には多数見られました。
多くの企業では、商品を仕入れてもすぐに支払うわけではありません。また、販売しても取引先からすぐに現金が入ってくるとは限りません。

そのため、入金タイミングをなるべく早く、出金タイミングがなるべく遅くすることがビジネス運営では有利になります。要となるのは金額の大小の問題ではなく、入出金のタイミングであるため、経理部では月商に対して何日分の現金が必要なのか、計算していることが常識であり、重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ