ATMが利用される場所と利用できるサービスの種類

ATMは、通常、紙幣や硬貨、通帳、磁気カード等の受入、支払を備えており、金融機関や証券会社、貸金業者などの業務で、現金出納を行うために提供するサービスとして利用されています。これは、顧客の操作によって取引できる機械になり、現金自動預け払い機のことです。

また、別名として、自動取引装置、自動窓口機などとも呼ばれることもあり、銀行などの金融機関では、店舗に設置している場合は自動機と呼び、コンビニや公共施設などに設置している場合には、店舗外と呼称されています。

これはもともと、都市銀行の店舗に設置されて普通預貯金の預払いとして利用されていました。しかし近年では、金融機関だけではなく、コンビニや駅、デパートのような公共施設などにも幅広く設置されています。

また、普通預金以外の取引として、宝くじの購入や、保険の申し込み、公共料金支払いなどの取引も広く取り扱えるように年々進化してきました。
また、現金の引出と残高照会のみを扱う機械である、キャッシュディスペンサーと区別されることもありますが、一般ではこれも含めて全てATMと呼称されています。

そのため、この機械の脇には、金融機関窓口と同じように、現金を持ち帰るための封筒が設置されているところも多くあるのです。ATMを利用する場合の手数料は、各企業や提携している機械、利用時間、利用日によって異なりますが、利用銀行やその特典によっては無料となるサービスも出てきています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ