エクステンションをすることによってどうなる?

エクステンションは英語では延長や拡張を意味しますが、金融用語においては返済期間を長くしての再契約を意味します。
具体的にエクステンションとはどんな内容かというと、借入先と返済期間、金額を相談していき、返済期間を延ばし月々の返済金額を安くできます。

これは毎月の支払い金額を大きくて悩んでる人には大きなメリットとなる言えるでしょう。ただし、これをすると信用情報機関にも情報が載ってしまいます。
信用情報機関に情報が載ってしまうと、新しいキャッシングはできません。分かり易く言うと、車や家をローンを組んで買うこともできなくなります。

では信用情報機関に載った場合、ずっとキャッシングも、ローンを組めないのかと言われるとそういうわけではありません。完済後、5年もすれば新しくカードも作れますし、ローンも組めるようになります。

とはいえ、やはり新情報機関に載らないで済むにこしたことはないので、普通に返済を続けて行って、問題なく支払っていけるのであればそれが一番です。ですが支払い困難な状況が続き、自転車操業になってしまうと、そこから多重債務に陥ってしまい、さらに返済が不可能になってしまうというケースはよく聞く話しです。

そうなってしまう危険があるのならば、エクステンションも視野に入れるべきなのかもしれません。そういう人は逆に5年間キャッシングができない、ローンができないということで、そういうものに頼らない金銭感覚も身につきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ