電子マネーEdyのチャージの仕方とその使い方

Edyとは楽天から提供されているプリペイド型の電子マネーです。2012年6月1日に名称が「楽天Edy」に改名されました。実際にどういう使い方をするのかというと、指定の媒体お金をチャージしておけば、その金額だけ買い物をすることができるというものです。

現在は様々な形で普及しており、カードタイプにしても、会員証や社員証についていたり、クレジットカードやキャッシュカードと一体化していたり、それ以外では携帯電話についていて、おサイフケータイとして使えます。

おサイフケータイは便利なもので、アプリをインストールして、初期設定を済ませれば、すぐに使うことができるのです。
一つだけ気をつけなれければいけないのが、基本的にはプリペイドカードなのでお金をチャージしていないと使うことができません。

一見面倒にも思えますが使いすぎる心配がないので、子供に持たせても安心です。チャージの方法も様々で、大きく分けると現金でチャージする方法とクレジットカードでチャージする方法があり、現金によるチャージはレジでも可能ですので、買い物の際についでにすることもできます。(最大5万円まで可能です)

クレジットカードだと使いすぎが心配という方にはピッタリのサービスで、現在利用可能店舗は36万店を越えており、ネットショップやコンビニ、レジャー施設に空港や高速道路など様々です。ポイントも貯まりますし、一部の対応店舗ではキャッシュバック制度もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ