経営者から見た延滞債権とその回収方法とは

延滞債権とはその名のとおり、返済の滞っている債権のことを言います。そして債権とは何かというと、債権者が債務者に対して一定の行動をするように要求する権利のことです。

主に金融の世界では貸したお金を請求することができる権利を指しますが、金融業界に限らずビジネスの世界の様々な場面でこの言葉は使われ、例えば小売店が商品を売ったのに相手が決められた期限を過ぎても、支払いを行わないという状態も延滞債権の一つです。

会社から見た場合、サービスを提供しても支払いがされないということなので、経営面からするとかなり致命的な問題となり、金融の世界から見た場合には消費者金融は貸したお金を返済する際に払ってもらえる金利が利益となるので、お金の返済がされないと利益が出ないどころか、融資額の分がマイナスとなってしまい、会社の経営にも大きな影響が出てしまいます。

なので、経営する側から見た場合、延滞債権の回収というのはとても重要な業務と言えるでしょう。そういった事情もあって、最近では回収をするためのシステムを販売している会社もあるようです。消費者金融においてそのような問題が起こってしまう理由の一つに債務者の返済能力が低下してしまった場合が考えられます。

この場合、債権者は回収不可という最悪の事態を防ぐために、エクステンションをするなど債務者としっかり話し合うことが大事です。自己破産されて回収不可という最悪となるとマイナスとなってしまうので、企業としては何としても避けたいところでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ