会社経営における追貸しのメリットとそのリスク

追貸しとは銀行が会社に対して追加で行う融資のことを言います。一見すると追加で融資をしてくれるのだから有り難いことのようにも思え、会社にとってのメリットは大きいようにも思えますが、その反面大きなリスクも潜んでいます。

まず、銀行が追貸しをする会社というのは経営状態が悪くどこからも融資を断られている会社が対象となります。なぜそんなに経営状態が悪化している会社に銀行が融資をしようと思うのかというと、単純にそれをしないと会社が倒産してしまうからです。

もし会社が倒産してしまっては、銀行は債権の回収ができず、不良債権をかかえることになります。それを避けたい銀行は多少経営状態が悪くてもそれを立て直してもらうために追貸しをします。

その段階で経営状態が回復すればいいのですが、回復しない場合は常に銀行から融資を受けなければ経営していけず、結果的に個人の方が消費者金融での自転車操業によって借金を増やしていくのと近い状態になります。銀行もビジネスですから、いつまでも赤字ばかり出していたらやがて融資してくれなくなります。

そうなった場合やがて大きくなってしまった借金に潰されて倒産してしまうでしょう。
そうならないためには経営者の方は経営状態が悪化した時点で何らかの対策を取る必要があるでしょう。経営状態が悪化しても融資をしてくれるというのは有り難いですが、使い方を間違えると倒産のリスクの大きな諸刃の剣となるのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ