親会社と子会社の関係とそのメリットについて

親会社は複数の会社を支配している一番大きな企業を指し、支配されている小さな会社のことを一般的に子会社と言います。簡単に言えば一番大きな会社が経営する小さな会社と考えれば分かり易いでしょうか。

なぜ傘下に小さな会社を増やしていくのかというと、実は企業がそうやって傘下を増やしていくことによって生じるメリットが沢山あるのです。

例えばコスト面についてですが、自社でできない仕事を外注すればそれなりにコストがかかります。しかし子会社を作ってそこに外注すれば通常よりもかなりコストを抑えることができます。例えば飲食店を運営していた場合、食材を問屋から仕入れるとそれなりコストよりも、食材の卸をする会社を立ち上げてしまった方が結果的に安く済むのです。

もちろん会社を経営するためにもコストがかかるので、それだけだと赤字でしょうが、作った会社の食材問屋がある程度独立して、他の飲食店の卸もして売上をあげていけば、それは親会社の利益にもなるし、メリットは大きいのです。

飲食店であれば問屋を立ち上げ、次に清掃会社、設備を入れてくれる企業、などとしていき自分の傘下となる企業を増やしていけば、関連会社から企業ももたらされる利益は莫大なものになる可能性を含んでいます。

もちろん実現するためにはある程度の資金力がないと実現はできないですので、簡単にはいきません。傘下に入っている立場から見ても親会社がいればそこから発注はくるだろうし、完全に独立するよりは安心感があるのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ