用心しないと陥ってしまう折返し融資の罠

折返し融資とは借入れした金額を一定額返済し、借入れ残高が減った時点で追加で融資することを言います。例えば500万借りて、返済を進めてある程度残高が減ったらその50万の範囲内で追加で借り入れることで、追加で融資が必要な場合に改めて借りるよりも毎月の返済が安く済むというメリットがあります。

主に企業での運転資金の確保に使われますが、もっと分かり易く個人にたとえてみましょう。まず、あなたは消費者金融A社からある事情で50万借り、毎月1万円ずつ返済しているとします。真面目に返済して、残りの借入額20万まで減ったところでどうしても20万円のまとまったお金が必要となりました。

そこで新しくB社から20万円のキャッシングローンを組むと、最初に借りた50万のローンもあって多重債務になってしまいます。しかし、そうせずにA社から追加で20万の融資を受ければ、減った残高は40万円まで増えることになりますが、月々の返済金額は変わりません。これを企業単位でやると思っていただければ分かり易いのではないでしょうか。

こうやって読むとメリットが大きい気もしますが、良いことばかりではありません。これには大きなデメリットがあり、その一つに返しても返しても折返し融資をする限り、負債が減らないことが挙げられます。

もちろん個人だろうが企業だろうが、借金をしないにこしたことはありませんが、万が一上記に記したようなシチュエーションとなった場合、このような便利なシステムを使う時にメリットばかりに目を向けず、デメリットのこともしっかり考えるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ