オリジネーターの役割にはどんなものがありますか

不動産業では、貸出し債権や保有する不動産などを流動化するために小口化することを、セキュリタイゼーションと言います。この対象資産となる原債権や原資産を購入して保有する企業や銀行などをオリジネーターと呼ぶのです。

こうした原債権は、SPCと呼ばれる特定目的会社に売却された後、証券化されて金融機関経由で投資家に販売されます。証券化の仕組みは、この資金調達者であるオリジネーターと、その証券を購入する投資家と、その投資家ニーズに合わせてスキームを作る仲介者であるアレンジャーで成り立ちます。

原資産を証券化するメリットは、資産をオフバランス化して財務の改善だけではなく、流動性の低い資産を活用することで低コストで資金調達や運用ができるといえるでしょう。ただし、通常の融資に比較するとアドバイス料など資金調達のコストが高くなる場合や、対象資産のキャッシュフローとは別に返済保証を盛り込むことを要求されるデメリットもあります。

一方、投資家にとって購入する理由としては、通常の融資よりも高い金利を期待できるだけではなく、発行体の格付けやリスクを気にせずに、資産や債権のキャッシュフローリスクだけを考えられるのです。

また、投資家が多数のため、債務者に対して交渉しやすいというメリットがあります。しかし、協議事項がある場合は債権者同市の調整に手間取ることや、資産のキャッシュフローが期待通りでない場合には、投資リスクが高くなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ