オルタナティブ商品の種類と購入先について

株式や債券といった伝統的な金融資産に代わる代替投資対象資産をオルタナティブ商品と呼びます。ここでは、金や石油、不動産等の実物資産といった典型的なものだけではなく、不動産や金銭債権などの証券化商品等も含まれるのです。これは運用機関により、国内の年金基金を中心とする機関投資家向けに提供されています。

この区分けとしては、ファンド・オブ・ヘッジファンズ含むヘッジファンド、プライベート・エクイティ、不動産、インフラストラクチャー、そしてロング・オンリー、証券化商品などがあります。

近年では、提供されるおよそ半数がヘッジファンド関連となりますし、不動産は、全商品のおよそ半数近くが私募不動産で、投資対象地域は日本に特化されている事が知られています。

また、保険関連の場合には、伝統資産とは異なる収益源泉と安定的なパフォーマンスがあるため、年金基金や年金投資家層への浸透があります。

これらの商品は、様々なタイプの債券に配分する商品と、株式や債券といった伝統資産だけではなくコモディティ等のオルタナティブ資産を投資対象にする商品が多くなっており、またリスクを抑えた絶対収益追求型などのニーズも高くなってきているような傾向にみられます。個人で購入する場合には、銀行や証券会社で購入することが可能となります。

ただし購入す場合には、販売会社の説明とファンドの特性を理解する必要があります。場合によっては、それぞれの金融機関のキャンペーン商品になっていることもあり、よく理解せずに購入してしまうこともありますが、不明な場合は運用会社に直接連絡して確認すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ