カードキャッシングを有効的に利用するコツ

金融機関や信販会社が発行するカードには、ショッピングとキャッシングの二つの機能があります。カードキャッシングはそのカードを利用して、ATMやキャッシュディスペンサーから現金がおろせる機能をさしますが、実際にはお金を預けてもいないカードから現金が引き出せるメリットがあります。

ただし、これはあらかじめカードを作る前に、貸出限度額と貸出金利返済方法などが決められていて注意が必要です。
一般的にカードキャッシングの金利は高く、金利=借入金額×金利(年率)÷年間日数(365日)×借入日数で計算されます。

一般的には年利18%となっていて、例えば、20万円を借りて、毎月1万円を返済していくと、返済までの総支払額は23万円ちょっとになります。金利を低く抑える対策としては1万円のキャッシングで20日以内に返済出来る場合は金利が100円未満となる方法もありますので、銀行のATM等で105円の手数料を払ってお金を引き出すよりも、キャッシングをしたほうが手数料がかからないことになります。

そのため、どうしてもお金が必要な場合には、銀行の手数料を払うよりもキャッシングがお得な場合もあることを知っておくとよいでしょう。また、消費者金融の中には無利息期間を設けて、融資するようなものもあります。

これは、初めてキャッシングカードを作った後、最初に借りる場合には、1カ月程度無利息にしてくれる業者もあるようです。また、業者によっては審査後に貸出し、金利が決まることもあるため、これを低くするためには年収や職業、勤務年数などが審査対象となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ