カードローンとはどのような融資を呼びますか

銀行やクレジットカード会社が発行するカードを利用した融資を、カードローンと呼びます。これは、予め契約した貸出範囲内でキャッシングディスペンサーやATMを利用して資金の借り入れが出来る仕組みです。ここでは、金融機関が設置する機械と、金融機関が提携する業者によって設置されたものを利用することができます。

個人向けの場合には、担保がいらない無担保型と、有価証券や不動産物件を担保とする担保型に分かれます。これらの貸付の用途は自由ですが、事業資金として利用する事は原則としてできないようになっているのです。

またクレジットカードを利用せずに、ローン口座から普通預金口座へ振替することで、貸し付ける融資もあります。この場合インターネットバンキングなどを利用するので、ネットローンやネットキャッシングと呼ばれてカードローンとは異なります。

この仕組みとしては、金融機関が指定するもののため保証人は不要ですが、申し込む際には金融機関で審査が行われます。また審査結果によっては利用する事が出来ないこともあり、万が一、延滞や貸倒れが発生した場合には、カード会社が金融機関へ代位弁済して、債務者へ債権回収するようになっています。

また、クレジットカード会社から直接借入れして延滞した場合は、同等の取り立てが発生します。一般的に、フリーターや学生、専業主婦などは定職がないため、金融機関に相当の定期預金がないと発行が難しいと言われているようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ