貸付金利は金融機関が企業の何を基準に設定しますか

金融機関が顧客に融資する際の利子率を貸付金利と呼ばれています。貸し手の視点から見た場合にはそう呼ばれますが、借り手の視点から見た場合には、借入金利となるようです。なお、この水準は銀行の信用供与や企業の投資活動を通じて、経済全般に大きな影響を及ぼします。

日本の現行法上では、出資の受入れや預り金、金利等を取り締まる法律としての出資法や利息制限法、臨時金利調整法などによって限度規制がなされているようです。しかし通常の企業向け貸出しについては、諸規制中、最低の臨時金利調整法にもとづく規制上限で十分高い水準にあります。

これは、個人や法人が金融機関から融資を受ける際に交わす借入契約でとなるため、金銭消費貸借契約におけて利息が発生します。この契約において、一般的な金利水準としては、日歩表示、アドオン表示、利息天引きなどさまざまな方法が適用です。しかし、日本の法律では、実質年率を用いることが義務付けられています。

このレートは、金融機関が企業に対する融資期間や決算書の状態、担保などによって変わります。たとえば、格付けが良くても無担保の場合や、5年以上の長期融資期間である場合には、市場金利も変化するため貸し出す場合の利子率は高くなるのです。なお、金融機関が貸し出す基準は、短期プライムレートを利用しています。

このプライムレートを受けられる企業の条件としては、決算書によりランク付けが重要となり、平均的に真ん中より上でないと、プライムレートで融資を受けるのは難しいでしょう。企業の条件により、レートにばらつきがあるものの、競合する銀行や地区によっても大きな影響を及ぼします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ