貸付限度額の設定時期とその限度額の審査基準

貸付限度額とは融資限度額のことで、ローンなどの借入れの際の契約上の設定上限金額を呼びます。例えば、個人向けのカードローンの場合には、契約時の利用限度額です。一般的に、この限度額は契約時に設定されるため、利用時に延滞がなければこの金額の範囲内で自由に借り入れができる仕組みになっています。

また、住宅ローンや自動車ローンのような定型化された商品の場合には、借入可能金額の上限金額を意味することもあるようです。
貸付限度額は、将来の決まった期日に利息と共に返済するという前提でお金を借りるという意味になります。

ただし、カードローンの場合には、無担保や無保証で貸し付けることになりますので、カードを作る際には、本人の信用力を調査されることになるでしょう。そこで、クレジットカード会社では借り入れする人を審査して、信用度をチェックしています。

カードローンを申し込むと、最初の借り入れは少ないことがあります。それは、そのクレジット会社と取引がなく、実績がないためです。しかし、借りたお金を返していくことで利用実績が積み上がり、何年もトラブルがないと判断されると、徐々に利用限度額は上がっていきます。

そこで、限度額が上がると利率が下がるケースも多くなるようです。そして、有利な条件でお金を借入できるようになります。ただし、これが上がっても、必要のないお金まで借入する必要はないため、利用する場合には、返済計画を立ててから利用する必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ