過剰融資規制は何の目的で誰のために制定されましたか

多重債務に陥る人がいます。これは複数の金融業者から借入をしている状態で、個人の返済能力を超えた借金をしている状態になります。この状態は、一つの借入先の借金を穴埋めするために別のところから借入をするような状況です。

そのため、知らない間に借金が増えていくことになり、結果として夜逃げや自殺者があとをたたない深刻な社会問題として、2000年前後にあったのです。
この頃、貸金業者が、借入の申込者の返済能力を超えた金額を融資することが問題となりました。

これがいわゆる過剰融資と言われていましたが、当時は法律上の規制がなかったため、多くの人が多重債務に陥るような状況でした。また、実際に多重債務に苦しむ人は、金利を払いすぎている問題もあり、そのためにより一層返済が厳しくなっている状況でした。

そこで、過剰融資規制として、これらの多重債務問題を解決するために、2006年には従来の法律である貸金業規制法が抜本的に改正されて貸金業法として制定されました。

この規制では、借りすぎや貸しすぎを防止する対策として、総量規制が導入されていますが、ここでは、個人向け貸付けと保証、法人向け貸付けと保証の4種類があります。ここでの総量規制の対象となるのは、個人向け貸付けに限定されており、法人向けの貸付けと保証、個人向け保証については、その対象から外れています。

また、その内容は、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合には、新規の借入ができないというものになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ