加盟店がクレットカード会社と提携する理由

加盟店とは、別名マーチャントとも呼ばれており、クレジットカードが使用できる小売店のことを呼びます。ただし、これは、電子マネー、ポイントプログラム、フランチャイズ、宅配便というようなビジネス全般でも幅広く利用されている言葉です。この仕組みとしては、JCBやアメックスといったさまざまなカード会社と契約します。

そして、クレジットカードシステムを利用して販売許可を得た法人や個人事業主は、利用されたカードの決済額に応じて、その手数料を支払うものです。ただしこの手数料は、だいたい3~5%となり提携会社によって異なるようです。

また、カード会社が立て替え払いをする場合は、手数料を差し引いた金額を支払うことになります。一般的に加盟店は提携した信用の対価として手数証を支払うため、カード決済だと手数料分だけ儲けは少なくなります。

しかし、顧客が手持ちの現金がない場合には、販売機会を喪失することもあるため、それを防げるというメリットとして利用されているようです。そのため、店によってはクレジットカードを使用する場合、3%の手数料上乗せ分を請求するところもあるようですが、顧客は、これを支払う必要はありません。

また、加盟店になる為には、クレジットヒストリーや資産状況、業歴、業種、取扱商品、店舗の有無、商業登記簿謄本、決算報告書、会社概要、そして振込先口座の通帳の写し等などの書類を提出して厳格な審査を通過しなければなりません。また、承認後には、業種を分類して特定するための番号がつきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ