元金均等ステップ償還方式による返済方法とは

ローンを利用する際に元金を均等割にして支払っていくものを、元金均等返済方式と読んでいます。これは、借入金額を返済回数で割り、算出することで毎回同額の元金に対して、残高に対する利息を上乗せしていく仕組みです。

そのため、最初の支払いでは、元金と利息を合計するため返す総額は多くなるものの、時間の経過と共に支払い利息が減っていくのでその額はどんどん小さくなります。

この支払い方法の一種として、元金均等ステップ償還方式があります。これはステップ償還方式と呼ばれるもので、ローンの返済を2つの期間に分けるものとなります。具体的には、最初の期間では実際に返すよりも長期にすることで毎月の支払い額を算出します。この返済方法は、高額のローンの支払いなどではよく利用されています。

それは、初期の一定期間だけは、負担額を軽くすることができるからです。ただしこの支払い方法では、一定期間が過ぎるとその後は、通常の返済期間中に、毎月の支払いが算出されていくため、途中からの支払い負担額が上がるデメリットもあるため、ステップアップと呼ばれているのです。

一方、元金均等返済方式では、毎回一定額の元金を返していくため、ローン残高が確実に減っていきます。そして、トータルで支払う利息が少なくなるのが最大のメリットといえる方式なのです。ただし、開始当初の負担は大きいので、将来よりも現在の状況の方が経済的に余裕がある場合には適した方法といえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ