金融機関で基準金利が設定される算出方法とその理由

住宅金融公庫融資などのローンで適用される金利の中で、災害復興融資等を除いて最も低いものを基準金利と呼んでいます。一般的にこれが利用されているものとしては、金融機関などを利用して組まれる住宅ローンなどがあります。

基準金利の算出は、将来の市場動向に合わせて、資金調達コストや銀行の経費等を勘案して決定し、各銀行が独自に決める水準で決まります。そのため、各行が一方的な理由で決めているため、客観的なルールはなく、資金コストの増減だけではなく、財務が厳しくなれば、収益改善のためにローン金利を上げることもあります。

そのほかには、店頭で聞くようなキャンペーンや優遇などもあるため、顧客が利用する場合には、本来の基準で借り入れる人は少ないようです。また、固定以外を利用する場合には、銀行独自で決めているものが銀行の本来の水準となることもあります。

例えば、3年固定金利を利用して借入れした3年後には、そのタイプの見直しを行うとよいでしょう。引き続き3年固定を選択しても、その見直しの時点で適用されている銀行の3年固定ものは、銀行の基準金利が適用されていることが多いようです。

そこで、短期固定ものを利用する場合には、目先のその水準だけではなく、将来に関わってくるべき金利がどのようになっているのかを見極める必要があります。銀行によっては、これは返済中の顧客にのみ適用させるような措置をとっているところもあるようですので、確認が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ