キャッシュディスペンサーが利用できるサービスと場所

キャッシュディスペンサーとは日本語で現金自動預け払い機のことで、ATMとも呼ばれています。これは、金融機関や貸金業者、現金出納などの提携サービスを利用できる機械です。具体的には、紙幣や硬貨通帳、磁気カード等を機械の受入口から挿入できるようになっており、別の支払口から現金を受け取れる機械でもあります。

一般的には、金融機関の店舗で設置されている機械を自動機、駅や売店などの公共施設などに設置している機械を店外機と呼称しています。また、現金の引出と残高照会だけしかできない機器は、現金自動支払い機です。

ただし、通常、キャッシュディスペンサーも含めて総称してATMと呼ばれることが多いです。金融機関では、ATMで硬貨を扱えるようになっていますが、コンビニや提携カードが利用できるようなATMでは、硬貨を利用することができません。

また、一部のATMでは住所変更やその届出だけではなく、電話番号の変更や、公共料金の振込、保険の申し込みなどが利用できるようなところも出てきています。元は都市銀行などの店舗に設置されており、普通預貯金の預け払いとして利用されていました。

しかし、近年では、金融機関だけではなく、利用できる提携先を増やすことで、駅やコンビニをはじめ公共施設などに幅広く設置されるようになっています。また、普通預金以外の取引や、現金を使用しないで済む自動取引装置、自動窓口機なども出てきているので利用者は便利に使う事ができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ