金銭消費貸借契約が作成される契約内容と必要事項

将来の弁済を約束した上で金銭を消費するために借り入れる約束を、金銭消費貸借契約と呼びます。一般的には貸主とは、消費者金融等や銀行と、いった金融機関をさし、金消やローン契約とも呼ばれているのです。

消費貸借契約では、借りたものは消費することを前提にして、借りたものと同じ数量の同じモノを返却することを約束します。これは、物や金銭を借りる約束のことで、この中で金銭の貸し借りを締結したものが金銭消費貸借契約です。

この貸付の元となるのが、金銭消費貸借契約証書です。これは融資を実行するにあたって、顧客への融資金額、資金使途、返済期日、利率といった融資条件を詳細に記載した契約書となります。

これを作成する目的には、後日トラブルが発生するのを未然に防ぐことにあるのです。一般的にこの証書は、法人取引においても個人取引でも作成されているため、基本的な項目は同じで、契約年月日、債権額弁済期、利息とその支払方法、遅延損害金などが記載されます。

また、その他の事項としては、期限の利益喪失や裁判所の合意管轄などもあり、特約事項には連帯保証人、抵当権の設定、公正証書作成が含まれます。

基本的にローン契約は長期に渡るものとなるため、その内容については締結時に十分に理解をしておかなければなりません。また、通常では顧客には契約書のお客様控えが渡されるので、万が一のトラブルに備えてしっかりと保管をしておく必要があるのはいうまでもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ