金融サービス法が制定された目的と日本版の策定

金融サービス法とは、1986年にイギリスで成立した法律です。これは、世界的な金融ビッグバンによるその業務の規制緩和を進める際に、一般投資家の保護と円滑な取引のために制定されました。

ここでは、各種のサービスを一元的な観点で規制するため、その手続きだけでなく、当局と自主規制機関としての役割が定められているのです。

この法律によって、その商品販売業者が一般投資家に提案する商品については、合理的に顧客の利益を第一優先にして、顧客に適合したものでなければならないとされています。そこで、顧客に商品販売する場合には、十分に理解をしてもらう必要が発生します。

また万が一、ここで問題が発生した場合には、責任は業者が負うべきとなっています。さらに1997年にはこのサービス機構が設立されて、2000年にはそのサービス範囲が拡大された金融サービス市場法も制定されました。

日本においては、これらの各種サービスを網羅した総合的な日本版金融サービス法の導入が検討されました。そこで制定されたのが、2001年の金融商品販売法や消費者契約法です。

さらに2006年には証券取引法が抜本改正されて、金融証券取引法に改める関連2法律が公布され、2007年には本格的に施行されました。これによって、投資者保護を目的とした幅広い商品について、新たな金融商品取引法のもとで、包括的にかつ横断的に規制の対象とする枠組みが整備される必要が出てきたのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ