金利優遇幅とそれが適用される具体的な条件とは

金利優遇幅とは、金融機関などでは主に預金やローンに関連して使われる用語です。これは、基準金利である店頭と優遇との金利の差を指します。ただし、個人や企業の取引実績や取引金額、キャンペーンなどによって変わってくるだけではなく金融機関によっても異なっています。

この優遇幅は、金融機関独自のサービスとなります。例えば、いくつかの商品には2年固定や10年固定、長期、20年、35年固定、変動ものといった金利がありますが、ホームページやパンフレットなどで公表されているものが店頭金利です。

またこの優遇としては、顧客の物件の属性によって、そのサービスは異なります。例えば、変動金利の場合、店頭2.475%、優遇1.7%、実行0.775%で、実際には0.775%で借りられるということになります。

通常の優遇では、ここで最低でも1%~1.2%くらいは貰えることになります。金融機関の条件をクリアすれば、さらに多くの有利な条件がもらえることになるでしょう。具体的な条件としては、顧客の頭金の割合や勤務先、提携会社などの割合といった要因が出てくるのです。

住宅ローンでこれを適用する場合には、一般的に個人の条件と金融機関の金利優遇幅によって変わってきます。そこで住宅ローンの見直しを検討する場合には、上手に借換を利用することで長期間の返済においては、余剰金を増加させるだけではなく、利息の節約効果としても利用することが可能となっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ