クリアリング・バンクの意味と日本で使用されるバンク

イギリスの手形交換組合銀行を、クリアリング・バンクと呼びます。これは、個人から当座預金を受け入れて振替等を行い、手形決済機能を行うものです。具体的には切手や手形、公社債、郵便為替証書などを集中的に決済するシステムで、手形交換制度とも言います。

イギリスの商業銀行は、1975年にロンドン手形交換所の加盟銀行の範囲が拡大される以前から入っていた、ロイズTSB、ミッドランド、 ナショナルウェストミンスター、 バークレーズ、の四大銀行となります。これは、伝統的に手形交換業務を行ってきたため、そう呼称されているのです。

また、当座預金の受入と小切手等の支払業務を行うため、英国の支払決済システムの中核として短期金融となります。
この歴史的な背景は、1986年のビッグバンや外国銀行の進出や住宅金融組合の成長を背景にして、積極的な業務の多様化が始まったことにあります。

結果、短期金融業務だけではなく中長期金融、住宅金融、証券業務などにも進出していきました。しかし、1990年代半ば以降、収益力向上を目的にした競争の激しい証券業務からは撤退して、国内のリテール銀行業務へ回帰した経緯があるのです。

また、クレジットカード業界用語としては、個人が商品やサービスを購入した際の支払時に利用するVISAやマスターカードなどがあります。そこで、クリアリング・バンクとは、その支払者であるカードのメンバーが決済を行うための口座がある銀行を言うのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ