クレジット業界に属する業種とそのサービス

クレジット業界は、消費者信用業界とも呼ばれており、消費者金融と販売信用に関わるビジネスを行う企業で構成する業界を言います。具体的な対象となる業種には、信販会社、クレジットカード会社、メーカー割賦会社、消費者金融会社、小売店のクレジット販売部門、銀行など、多岐に渡っています。

一般的に消費者金融とは、個人の信用を担保として金銭の貸し付けを行うサービスです。広い意味では、銀行等が行う住宅資金融資なども含まれますが、通常はノンバンクによる個人への小口の無担保融資を言います。

例えば、個人が自動車や電化製品、家具などの耐久消費財や旅行、教育などのサービスの購入のために資金を借りることです。また、企業の生産活動に必要な資金を融通する企業金融とも対比されることもあります。

ここでは、個人の所得だけでは必要な消費を満たすことができない場合に必要となり、企業金融とは異なり、利潤を得るための資本として利用されることはなく、消費財やサービスの購入に充てられるもので、元金と利子は消費者の将来の所得から支払われます。

一方販売信用とは、商品やサービスを購入した場合に先に商品やサービスを受け取り、その後に一定期間代金の支払いを先を伸ばす事ができる仕組みを指します。

具体的には、割賦販売、クレジットカードによる商品やサービスの購入が該当しますが、直接金銭を借りるわけではないものの、借金の一種とみなす必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ