クレジットシステムの仕組みと利用される種類

クレジットシステムとは、消費者である個人が持っている社会的な信用を担保として、その供与を行う仕組みのことです。これを大きく分けると、商品やサービスを立替払いするものと、個人の信用を担保として、個人に直接金銭の貸し付けなどの融資を行う消費者金融に分かれます。

この仕組みでは、相手に返済する意思とその能力があることを信じて行う行為として、銀行や消費者金融会社などのローンがあります。クレジットカード会社のクレジットカードの貸与や利用、信販会社の販売や企業間の信用、証券会社の信用取引など多岐に渡って、社会生活の中で多く利用されて仕組みなのです。

通常、これらの貸付をする機関が個人に信用供与を行う場合には、それぞれで所定の審査が行われて、この審査が通過しない限りは利用することができません。

この審査基準は求める顧客層が異なるため、最終的には企業の審査システムと審査部の人間により、申込者の属性や収入などを総合的に見て合否を決定します。
また返済の方法によって、オープンエンドとクローズドエンドと呼ばれる2種類に分かれます。

具体的にはオープンエンド・クレジットシステムと呼ばれるのは、与信時点で最終回までの返済回数や毎月の返済額などを決めない返済方式を、閉鎖信用体系とも呼ばれているものです。一方、その逆に確定している返済方式はクローズドエンド・クレジットシステムと呼ばれるもので、解放信用体系となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ