経営者の企業内での役割と具体的な業務について

日本において経営者とは、通常は企業で経営を行う人を言います。ただし、これは学校経営や病院経営においても、一般に使われるようになってきているようです。
一般的に経営する上では、自社の強みと弱みというような内部環境と、自社商品のマーケットでのシェアや経済環境といった外部環境があります。

その中で経営者は、環境を分析して、従業員を何人雇用して、何処に何人配置するのかという問題から、マーケット規模と市場の成長に合わせた商品や、サービスを提供するためにどの程度のお金を投資しようとかいった代替案をいくつも策定して選択することで、意思決定を行っていきます。

つまり、ビジネス上の人、金、物や情報といった経営資源を、どこに集中させて配分していくかを選択し、最も適した代替案を策定して利益を挙げることです。

また上場すると、株主から任命されて会社を経営する権限と利益を確保する義務を負うことになります。基本的には、数人の取締役という名の下に業務に従事し、企業の重要な方針や施策をそれぞれが考えるのです。

そして、取締役会の中で、会社としての意思決定として対外的な表明や、社員に実行させる役割を統括します。さらに、自らが下した経営判断については重大な責任を持つため、大きな損失を発生させた場合には、株主に対しては賠償責任を負うこともあります。

たいがいそれは、自ら辞任する意向を取締役会で伝える場合です。しかし、そうでない場合には、株主総会で株主より引責辞任を迫られるケースも出てきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ