契約の解除権の意味とそれに付随する権利とは

「解除」「解約」「合意解除」という言葉は、法律の条項によく登場する言葉として使われるものです。一般的には、契約を解約する場合には、当事者間の合意に基づいて行われる合意と、一方の当事者が契約の取り消しする権利を行使するものがあります。

これは、法律上発生する約定解除権と、相手方の債務不履行により発生する決定解除権です。解除とは、法律の要件や契約上の要件を満たした場合にのみ可能です。当事者の一方的な意思表示だけで、はじめから無かった状態に遡って効力を失わせることができる権利として、契約の解除権があります。

例えば、売買において、当事者の一方が取り消しをすれば、買主は買った物を、売主は受領した金銭をそれぞれ相手に返還する義務を負うことになるのです。
また、解約とは、当事者の関係が継続的なものである賃貸借、雇用、委任などにおいて利用されます。

ここでは、当事者の一方が、将来に向かって契約の効力を失わせ、消滅させることです。ただし、継続的な関係を取り消すということは、前の状態に戻して契約を解消することですから、大変困難なことになります。

それは、将来に向かって解消するものとなるからです。ただし、民法の620条、630条、652条における文言には、解約の意味となります。 合意解除は、契約者同士の合意により契約効力を失わせることになるため、合意解約と呼ばれる場合もあります。ここでは当事者双方の合意が必要となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ