固定金利選択型ローンを選択する場合の金利選択

民間の金融機関が取り扱うローンの一つに、住宅ローンがあります。固定金利選択型ローンとは、一定期間だけ金利を据え置く特約を付けたローンとして、固定期間設定型ローンや固定金利特約付ローンとも呼ばれています。

また、金融機関によって金利を据え置きできる期間は異なりますが、一般的には2年、3年、5年、7年、10年の中から選べることが多いです。ただし、この期間中での変動タイプへの変更はできないようになっています。

また、金融機関によっては、最初に選択した期間が終了すると、新たに選択型にするのか、変動型にするのかと選択できるケースと、変動型しか選べないケースがあります。通常では、固定金利選択型ローンは、その期間終了後には適用金利や返済額の見直しが行われるようです。

ただし、変動型のような返済上限がないため、将来的な経済状況によっては、固定期間終了後の返済額が大きく増加するリスクがあるのです。しかし、固定タイプと言ってもそのベースは変動性になっており、その期間が短い場合には将来的な変動リスクを負っている仕組みとなります。

そのため金融機関では、キャンペーン金利を適用することで、固定型が終了しても一定の優遇が受けられる仕組みを用意しているのでしょう。

ただし効果的な活用方法としては、選択したものを据え置き中に繰上返済を行うことで元金を減らす方法ですから、そうすることで、据え置き終了後の返済リスクをある程度は減らすことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ