個人ローンの種類とそれに関わる金利変動の理由

個人顧客を対象とした融資として、個人ローンと呼ばれるものがあります。これには、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫農協ノンバンクなどから提供されるものがあり、住宅や教育、マイカー、カード、フリーローンなどが日常生活の中では身近なものとして挙げられます。

これらの中でも住宅ローンは、個人とその家族や、両親や家族だけが居住するための住宅の購入、新築、増築、リフォームに必要とされるものです。ただし場合によっては、他の金融機関からの住宅ローンの借り換えといった資金の融資でも受けられるようになっています。

また、ライフプランを立てる上では、家計が持つ最も大きな負債項目となることから、個人のローンの中でも融資額が大きく、組む場合の設計では、長期的な視点で無理のない返済計画を立てることが大切となるのです。

この融資にする金利は、借り手の信用力が低いか高いかによって、その利率が高くなる場合や低くなる場合があります。また、返済期間が長くなったり短くなったりすることによって、金利の高低も伴うことになるのです。さらに担保があるほうが、担保が無いよりも高くなる傾向にあります。

特に融資額が大きな住宅ローンの金利タイプでは、完済まで適用金利が固定される固定金利型と、適用金利が年2回変動する変動金利型に分かれます。また金融機関では、個人ローンの申込みの際には、個人信用情報機関に登録された個人信用情報も融資を行う際の与信判断の参考にしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ