コマーシャル・ペーパーが発行されるメリット

コマーシャル・ペーパーは、一般的にはCPとも呼ばれています。これは、企業が短期資金の調達を目的としてマーケットから割引形式で発行する無担保の約束手形です。また、企業が直接金融を利用して資金調達するための社債と似ています。

しかし、社債の償還期間は、通常では1年以上ですが、コマーシャル・ペーパーの償還期間は1年未満となり、一般的には1カ月ものや3カ月ものが多くなります。ここでの金利は、企業の信用力を反映して決められるため、短期プライムレートよりも低いコストで資金調達できるメリットがあるのです。

歴史的な背景としては、CPは1920年代にアメリカで誕生して、1980年代にはヨーロッパの市場等でも発達しました。日本では、1987年にその発行が認められたようです。

当初は、発行企業、形態、期間、額などにおいては、多くの規制がありましたが、規制が順次撤廃されて、1998年には銀行等にも発行が解禁となりました。さらに、発行期間や発行額においても自由化が進み、企業にとっては大変利便性が高くなり、メリットが大きくなりました。

また、2002年にはペーパーレス化や電子化を実現する法律が施行されたこともあり、現在では電子コマーシャル・ペーパーが主流となっています。そこで形態としては、幅広い投資家層を対象とする公募と、適格機関投資家のみを対象とするプロ私募、1回あたりの発行枚数が50枚未満である少人数私募に分類されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ